ハンコを選ぶ|システムの力で業務効率アップ!在庫管理は大きめのメディアで利用

システムの力で業務効率アップ!在庫管理は大きめのメディアで利用

男女

ハンコを選ぶ

婦人

実印とは、公的な手続きをする際に必要不可欠なものです。市役所や役場に登録申請をして、受理されたものを実印と言います。100円で購入できるようなハンコでも、市役所などで登録が受理されれば実印として認められます。しかし、このような格安のハンコを実印にするのは非常に危険ですので出来るだけ避けるようにしましょう。近年は大量生産されたはんこが、はんこ屋やホームセンター、文房具屋で売られています。このような、どのお店でも購入することができるような大量生産のハンコを実印として登録してしまうと、大きなトラブルに発展してしまうことがあります。特に、ビジネスで使う実印を作る時は性と名の両方が彫刻されているハンコを買って、実印として登録するようにしましょう。

実印を作る際には、どのような材質にするかを選ぶ必要があります。ビジネスで契約するときなどは、実印の材質が良ければよいほど信頼を得ることができます。最高級品と言われているのが、本象牙が使われているハンコです。本象牙は耐久性が非常に高く、ハンコが欠けてしまうなどのトラブルを避けることができます。また、朱肉の吸着性に優れているので、陰影が非常に鮮明です。また、見た目も美しく、手触りや重量感も本物ならではの気品があります。大切な実印は、最高の素材で作りたいと考えている方は、本象牙を材質に選びましょう。その他にも河馬牙や、マンモス牙の材質のものが高級な素材として使われています。手頃な値段で購入することができるのが、白ラクトや赤パールといった素材です。耐久性は本象牙などよりも劣ってしまいますが、見た目も綺麗で手頃な値段のため、人気です。